MENU

↓もうメイクに頼らない! ↓
アイキララ

目の下をメイクで隠す

 

目の下にくまができてしまったら、とりあえずメイクで隠してしまいたいものです。

 

ただし、隠したい気持ちが強すぎて、お化粧が厚くなってしまっては不自然になってしまいます。

 

あくまでも、その熊野色に沿ってメイクを施してあげることが肝心です。

 

でも、目の下のくまをメイクで隠すにはいくつか方法がありますが、あくまでもメイクで隠すのは一時的な方法です。

 

一時的なつもりでもなかなか治ってくれないくまには、根本からケアしてあげることが必要です。

 

マッサージをしてあげるとか、目の下を温かいタオルで温めてあげるなどといった血流を良くしてあげることも必要でしょう。

 

しかし、くまができてしまう原因はいくつかあり、剃れごとにそのケアの仕方も変わってきます。

 

ご自分のくまがどのようなタイプかを知ったうえでケアをしてあげましょう。

 

 

目の下のくまは隠すのではなく根本から治すことを考えていきましょう。

 

目の下をメイクで隠す|目の下のくまのメイク記事一覧

「くまのメイク」で真っ先に浮かぶのは、「コンシーラー」ではないでしょうか。シミやくまなど、隠したいものをササッと隠してくれる・・・悩んでいる方にとっては、まさに救世主ですね。でもこの「コンシーラー」ですが、使い方やくまの種類によっては、逆効果となる場合もあるんです。多くの人は顔全体に施すのと同じ色のコンシーラを目の下のくまの部分に厚塗りして、力ずくでくまを隠しているようです。しかし、、くまの色が薄...

目の下に「くま」があるだけで、不健康そうに見えたり、性格が暗そうに感じられてしまったりと、第一印象が最悪なことになるのは、困りますよね。実際のところ、睡眠不足や血行不良など、カラダが悲鳴を上げていることも否定は出来ませんが・・・。わかっていても、どうすることも出来ない現状があるのも事実です。そこで、手っ取り早く「くま」を消してしまう方法として、「コンシーラー」を使ったメイクをする方もいると思います...

睡眠不足、目の疲れ、血行不良による冷え、ストレス・・・「くま」の原因はさまざまです。その原因によって、「くまの種類」も様々あります。根本的な改善には、時間も手間もかかります。そんなことやっていられないという方に、応急処置として、「くまのメイクの仕方」を紹介したいと思います。「青くま」は、カバー色のオレンジ色のコンシーラーを、指の腹でトントンとなじませるように使います。パウダーファンデーションの場合...

このページの先頭へ